レバレッジ規制

複数の通貨ペアのレバレッジ

海外FXお役立ちガイド  キャッシュバックキキャンペーン

秋のキャッシュバックキャンペーン!

10周年記念!

BigBoss最大23,000円キャッシュバック

海外FXお役立ちガイド 口座開設

11月末まで

BigBoss口座開設

最大23,000円キャッシュバック!

10月末までの期間限定

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

複数の通貨ペアのレバレッジについて

通貨ペア

複数の通貨ペアで取引している際、通貨が相互にヘッジになっている場合はレバレッジが上昇してしまいます。

 

日本のFX会社レバレッジが25倍まで規制されているため、レバレッジが上限に達した場合規制対象として取引ができなくなることが多々あります。

 

取引していると意識せずに通貨ペアが増え、気づいたらポジションに余地がなく、折角のチャンスが巡って来たけど規制中で取引できないと言うケースもあります。

 

特にリスクを抑えた戦略を取ると気づいたらポジションの
レバレッジが25倍以上になると言うのは珍しくなく取引の自由度が下がってしまう原因になります。

 

その点、海外のFX会社 はレバレッジを制限しているところが少ないため
レバレッジを気にせず自由に通貨ペアを組み取引を行うことができます。

 

日本と違い海外のFX会社は100倍を超えても普通に取引できるため規制に掛かることがなく、
複数口座の運用もできるため日本に比べて自由度の高い取引が特徴となっています。

 

例えば日本のFX会社の場合、リスクオン(リスク選好)相場の際に豪ドル円を10倍で買っていて、ドル円を15倍で売っていた際、レバレッジは合計で25倍となるため上限になってしまいます。

 

このため日本のFX会社では新たにポジションを立てる事ができず、
平行してユーロフランなどの指値買い注文を出すような使い方はできません。

 

ですが海外のFX会社 ならば上限を気にせず買う事ができるため
不意なチャンスにも臨機応変に対応できると言う大きなメリットが存在します。

海外FXお役立ちガイド


ホーム RSS購読 サイトマップ