OTC NDD

OTC方式か?NDD方式か?

海外FX冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年2月28日(木)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

iForex(アイフォレックス)

【追証なし】レバレッジ400倍!ロスカット水準0%!

Over The Counter(OTC方式)について

FX会社が顧客から注文を受けた際に行う処理には大きく分けて2種類が存在します。
一つは人が処理を行うOver The Counter 、通称「OTC方式」。

OTC

上図は、海外FX会社の【XM】社 ZERO口座の公式サイトから引用しました。

もう一つがプログラムが処理するNo Dealing Desk、通称「NDD方式」と呼ばれる方法です。

 

海外でFX会社を探す際にはこの処理方法の方式も重要な判断材料となるため、
ここではOver The Counter、OTC方式について説明したいと思います。

相対取引

OTC方式はいわゆる相対取引で、
「Over The Counter」の名の通りディーリングデスクで人でを介して処理が行われます。

 

顧客の注文をFX会社が一旦事故で決済を行い、顧客に提示するレートをFX会社が決めます。
一部の悪質なFX会社の中にはこのレートを悪用し、提示するレートを極端に操作して顧客を誘導、
自社の利益を優先するという悪質行為を行う事もあります。

 

海外のFX会社ではこのような悪質な業者も存在するため決済の処理を把握するのは重要です。

 

通常はOTC方式で決済された場合、
一度注文を自社で決済した後はカバー先の銀行に流したり、顧客同士の注文を相殺したりします。

 

これによって顧客と自社の利益を守り、win‐winの関係になるように調整します。

 

ただこの性質上、余りにも自社の利益を損なうような注文の場合、
リスク管理の観点から約定拒否や調整で約定に時間が掛かる場合があります。

 

日本のFX会社では余りありませんが、
海外のOTC方式の会社ではままあることであるためデメリットとして認識しておきましょう。

海外FX冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年2月28日(木)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。

関連ページ

No Dealing Desk(NDD方式)
「NDD方式(No Dealing Desk)」を説明しています。