レバレッジ

海外FXのレバレッジ

海外FX、秋のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018年11月30日(金)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

iForex(アイフォレックス)

【追証なし】レバレッジ400倍!ロスカット水準0%!

レバレッジ1,000倍も!

海外FXの他の投資と違って凄いところは、レバレッジというシステムがあるところです。

 

レバレッジとは何かというと、もしも、自己資本が10万円だった場合、レバレッジが200倍だったとしたら、2000万円の運用ができるというというシステムのことです。

 

つまり、自己資本よりも動かせるお金を多くすることができるということになります。

 

 

その代わり、
ハイレバレッジになればなるほど、リスクも高くなりますので、注意が必要となりますね。

 

ちなみに、日本のFX会社のレバレッジは、法律で最大でも25倍と規制されています

 

通常、レバレッジの上限は200倍から500倍の海外FX会社が多いのですが、
最近では、800~1,000倍というハイレバレッジを用意している会社もあります。

 

しかしながら、そういったハイレバレッジを用意している会社になればなるほど、
リスクのある会社なのではないかと思う人もいることでしょう。

 

ただ、ハイレバレッジになると、為替レートの変動による危険性は高まりますが、あくまでこれは会社の経営リスクが高まるわけではなく、自己資本のリスクになりますので、FX会社の問題とは異なります。

 

海外FX会社は、投資家の証拠金維持率が下がってくると、
損失を回避するために強制ロスカットというシステムが働きます。

 

そうすることにより、会社が破綻するようなことにならないように防御しているのですから、証拠金維持率が下がった時に、しっかり強制ロスカット機能が働く会社を選ぶ必要があります。

 

逆に、証拠金維持率が下がった時に、しっかり強制ロスカット機能が働く会社を選ぶことができれば、そういった会社の経営リスクについても安心ですね。

 

そのため、海外FXの方がより自由に投資することが可能です。

 

その代わり、リスクに対しても自己責任ということになりますから、
投資家はいかにリスクコントロールをうまく行うかがカギになります。

海外FX、秋のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2018年11月30日(金)まで

詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへどうぞ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。